Python3.x インストール手順

必要なパッケージ達

Ubuntu, CentOSで、先に入れておいた方がよさげなもの
Ubuntu:make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev libsqlite3-dev
CentOS:zlib-devel bzip2-devel sqlite sqlite-devel openssl-devel

 

Python-3.7.2

 

Python-3.6.0

–prefix=$HOME/local/python3.6.0/ がミソ
必要なら他のオプションも付ける –with-ssl –with-ensurepip=upgrade
/home/cloud/src/Python-3.6.0/configure –help

 

ハマりポイント

ssl関連でハマった

opensslではなく、
libssl-dev(Ubuntu)かopenssl-devel(CentOS)をいれるといい。
pip is configured with locations that require TLS/SSL, however the ssl module in Python is not available.
cf. pip-error-while-installing-python-ignoring-ensurepip-failure-pip-8-1-1-requir
https://stackoverflow.com/questions/37723236/

最小構成にしようとして怒られた

gcc
make時に使ってる。
configure: error: in `<$HOME>/src/Python-3.6.0':
configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH

zlib1g-dev
zlib は gzip と PKZIP で使われている deflate 圧縮法を実装したライブラリらしい。
zipimport.ZipImportError: can't decompress data; zlib not available
Makefile:1064: recipe for target 'install' failed

libsqlite3-dev
sqlite3 は標準で入っているはずのモジュールだが、
ビルド時に libsqlite3-dev が無ければ、入らない。
No module named '_sqlite3'

カテゴリー: 技術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です